参加賞を選ぶ

ビンゴ二次会で盛り上がるビンゴゲームは、高齢者の方でも楽しめるシンプルなゲームとなっており、準備するものも少なく、時間がかからないことから、今でも、根強い人気を誇っております。そのビンゴゲームでもっとも盛り上がる時間は、特賞として準備した豪華景品が出た時ではないでしょうか。特賞には、豪華なペア旅行券、テーマパーク入場券等、予算の張るものを用意されている場合が多く、念願の景品を当てた方は、一生心に残るイベントとなるのではないでしょうか

ですが、ビンゴゲームは、特賞を当てた方のためだけに開催しているわけではありません。豪華な景品だけでなく、残念賞、参加賞等を設け、すべての参加者のために、楽しんでもらえる景品を用意しておきましょう。

残念賞、参加賞の景品には、お菓子詰め合わせ、入浴剤、事務用品、日用雑貨、おもしろグッズ等があります。持ち帰りやすく、どの年代の方にも使ってもらえる入浴剤、柔軟剤は、その年代の方にも人気があり、そのまま手渡しできるようラッピングされた状態で送付してくださる業者も少なくありません。イベントシーズンに開催される際は、景品専門店も混み合います。特に、大量の景品を発注される方は、早めに見積もりをとり、注文されておくことをおすすめします。

ギフト券が人気

テーブル二次会の景品として、もっともポピュラーな人気を誇る景品は、ギフト券、ビール券、おこめ券、図書カード、商品券等の金券になります。金券は、景品ランキングでも常に上位に入り、幹事さんを悩ませることの少ない景品の一つとなっております。

なぜ、ギフト券等の金券に人気があるのか。その理由は、二つあります。一つには、バッグに入る大きさであり、家電製品等のようにかさ張る心配がないことになります。二つめには、全国どこででも利用できる共通商品券となっていることになります。二次会の開催地が、参加者すべての居住地でない場合も多く、日本全国各地で利用できるギフト券は、老若男女どなたにでも好まれる景品だと言っても過言ではありません。い

ちなみに、ギフト券には、お釣りが出ないタイプのもの、お釣りが出るタイプのものがあります。お釣り出ないものには、日本全国100万店舗以上で利用できるJCBギフトカード、JTBナイスギフトをはじめ、全国50店舗以上で利用できるVJAギフトカード、UCギフトカード、加盟店で利用できる三菱UFJニコスギフトカード、KCギフトカード、ビール共通券、おこめ券、図書カード、QUOカード等があり、お釣りの出るものには、イオン商品券、JTB旅行券等があります。二次会の予算、参加者の年齢等に合わせ、お好みのものをお選びください。

予算の決め方

二次会の予算の決め方は、参加する人数によって配分が変わってきますが、参加者の3分の1をビンゴゲーム等の景品の予算に用意するのが、一般的な決め方とされております。例えば、参加者50名で、会費が5000円とすれば、二次会の会費総額は25万円になり、景品の予算は75000円となります

お金その75000円で購入できる景品を選ぶことになりますが、考えるべきことは、景品の数になりますが、ただ、75000円分の景品を購入し、数をそろえるだけではありません。購入の仕方は、大きく分けて2つのパターンがあります。まず、一つ目ですが、数多くの参加者に行きわたるよう、一点ずつの景品の予算を抑えて手配する方法があります。もう一つは、景品の数を抑えて、豪華な景品を多めに用意する方法になります。どちらの方法にも、メリット、デメリットがあり、どの方法が良いとは言い切れません。景品の購入方法で悩んだ時は、参加者の年齢、男女比等をヒントに考えてみてはいかがでしょうか。

それでも悩んだ時は、数多くの参加者に行きわたるパターンを選びましょう。ビンゴゲーム等のゲームは、二次会を楽しく過ごしてもらうための、また、参加者が満足できることを前提とした、サポート的な役割をもつ催しになります。75000円という金額を上手に使い、楽しめる景品選びを心がけることをおすすめします。

景品選びのコツ

二次会を盛り上げるには、ビンゴゲーム等の催しを行うタイミングが大切になりますが、ありきたりの景品では、その盛り上がりに水を差してしまう結果になりかねません。二次会の景品選びに迷った時は、まず、景品の選び方を考えてみましょう。盛り上がる景品選びのコツは、メリハリをつけることになります。特賞は豪華に、2等3等はお得感のあるものを、参加賞は予算を抑えたものをと、景品にメリハリをつけることで、当たった方の喜びと、外れた方の落差が場を盛り上げ、楽しませてくれます。

予算に余裕がない場合には、定額でも構いませんので、金券、食事券、カタログギフト、美容家電、ファッショングッズ等、幅広く景品を選んでみてはいかがでしょうか。一点豪華主義よりも、良い景品が当たる確率が高い方が楽しめると言った声も少なくありません。特に、女性の参加者が多い場合は、生活に活用できるものが喜ばれる確率が高く、持ち帰りやすい小型の家電製品、香水等に人気が集まるようです。

温泉また、予算があり、小さなお子さまから、高齢者の方まで、年代にこだわらない景品を選ぶ時には、誰もが喜ぶ温泉旅行、テーマパーク入場券等のチケットを特賞として、用意しておきましょう。ご家族で参加されている方々には、嬉しいプレゼントとなるのではないでしょうか。

二次会は、結婚式、同窓会、忘年会、新年会、お祭り、婚活パーティ等の後に、気の合う仲間たちと集まる機会をつくる場にもなります。楽しく過ごせる時間をサポートできる景品選びを心がけ、誰もが笑顔になれるものを選ぶことをおすすめします。